英検2級の取得目指した従妹話です。

今年成人する従妹が高校3年生になった時に私に連絡があった時に話です。当時、従妹は地元の工業高校で学んでいたので、高校3年生になって就職の悩みでも抱えているだろうと簡単な気持ちで私は電話を受けていました。しかし、従妹は電話の途中で大学進学の希望を私に伝えてきました。両親にもまだ伝えていないようで、工業高校出身のの自分でも進学が可能かどうか尋ねてきました。従妹が希望して大学は理系大学、海外の家電メーカーへの就職しているOBがたくさんいる有名大学でした。数学や理科系の入試問題はもちろん、英語の試験も難易度が高いと有名だったので従妹は不安に感じていたようです。

その大学には入試優遇制度があり、そのひとつが英検2級合格者への加点制度でした。そのことを知っていた私は早速受験勉強に入るように従妹に伝え同時に英検2級の取得へ向けて並行して勉強を進めるようアドバイスしました。英検2級合格には高校卒業程度の英語能力が必要とされ、高校生にとっても決して簡単に取得できるものではありませんでしたが、従妹は大学合格も視野に入れて一生懸命勉強を続けました。

私が教えた勉強法は効率が悪いかもしれませんが必ずどの分野も基礎から勉強していくことを進めました。基礎がわかれば英文の文脈はなんとなく読み取れるようになり、英作文等も自分で作成できるようになるからです。このアドバイスをしっかり守り従妹は数か月の勉強で英検2級に合格し、翌年の大学受験にも見事合格して笑顔で報告してくれました。