英語の学習に挫折したら、とにかく今ある知識で喋りまくれ

英語の勉強でつまづいたのはいつだろう?と自問自答した時に、私は確実に高校英語から訳がわからなくなってしまった。中学英語までは、文法に「例外」が少なかったけど、高校英語になった瞬間、たくさんの「例外」が出てきたから、頭で処理できなくなってしまったのだ。

何も考えずにひたすら暗記をすれば良かったのだけど、私は考え込んでしまってそこで思考が停止してしまった。そこから、「英語の勉強」が嫌いになったような気がします。


でも、海外の友達を作ってみたいな、とか、海外に行ってみたいな、って思って実行に写した時、やっぱり必要になってくるのは「英語」で。拙い英語力でどうしたものかと考えたのですが、私が実践して行くうちに、面白いことに気づきました。

とにかく、話す。分かる単語を並べるだけでいいから話す。

これをやって行くと、とりあえず単語がすらすら出てくるようになったんです。もちろん、語彙力なんてないので、簡単な単語ばかり。

難しい言葉が脳内にひらめいた時は、まずはその単語を他の簡単な言葉に変換できないか探します。もう赤ちゃんもたいな表現でいいんです。英語の単語を思い出すより、日本人なんだから日本語で変換した方が断然早い。

文法も時制もハチャメチャ(笑)

でも、不思議と通じたんです。しかも、簡単な日本語に変換して、それを英語にして通じた場合、新たな発見がたくさんあるんです。

まずは恐れずにとにかく話す。

そこから入って英語の学習を始めるのも、面白い気がします。