英語の勉強は日本語と切り離してやってほしい

英語の勉強をする時、やっぱり難しいという意見をよく聞きます。私はその原因は、その人の中にまだ日本語が中心としてあるからだと思います。英語に慣れた人は、母語が日本語であってもついつい出てくる言葉が英語だったりしますよね。これは英語脳に切り替わっている証拠です。文法書には、日本語から英語に切り替える方法が主に書かれていますが、日本語だと上手く合わないこともあります。

例えば中1で習うことだと、代名詞がそうですね。目的格では「~を、~に」という日本語の訳に当てはまるもので使われると習いますが、likeは目的格を使うものの、日本語訳では「~が好き」と、主格である「~が」が出てきます。だから「I like she.」なんて文を作ってしまう子が出てきます。このように、日本語ありきの英語だと、例外という言葉で済まされてしまったり、暗記事項だと言われてしまうことがあります。

私はそれも慣れで克服できるものの、本当に理解するには日本語から離れて勉強した方が良いと思っています。日本はまだまだ英語で勉強する機会は整っていないため、日本語と切り離して考える教育は難しいのですが、できることならしてほしいですね。今のところできるのは英会話教室なので、それもあって子どものためにと行かせる親がいるのかなとも思います。母語を中心に考えるなと言われると難しいでしょうけど、そうしないと本当の英語習得は長い道のりになると思います。結局はこっちの方が近道だったりして。