英語ではなく英会話が必要だと思った理由

英語ではなく英会話が必要だと思った理由

私が英語ではなく、英会話ができたらいいなと思った理由があります。海外が大好きでよく行くんですが現地に降り立った時、言葉が通じればなあと思ったことが何度かあります。趣味の旅行でしたら別に英語をペラペラに話せないと不便で行けないこともないですが、カタコトの英語よりはちゃんと文章にできた方が話がスムーズにいくなあと思うことは多々あります。

荷物の受け取り場がわからなかった時、バゲット!と何度か言ってみたら相手の方の荷物を持ち上げられ•••いや、荷物の受け取り場所聞きたいんですけど、とうまく通じないことに不安を覚えました。

もしこれがスムーズに通じればこちらも相手もしんどい思いすることもなく時間も取らせることもなかったのにと思いました。海外に行くだけではなく最近は日本にも海外の方がよく来られてます。そこで一生懸命なにかを伝えたいと思っていらっしゃるのにわからなくて申し訳なく思ったこと、ありませんか?あれかな?このことかな?

何度か質問してみるけど違う。途中で聞くのもしんどくなるがここまで聞いてしまったらもう帰れないという状況に何度か陥ってしまうことが多々あります。そんな経験からなんとか通じるよりはしっかり話をしたいと思ったのが英会話をしっかり勉強しようと思ったきっかけでした。