大人になってからの英語の勉強

大人になってからの英語の勉強

英語は、世界80か国以上で話されていると言います。日本に住んでいると英語の必要性をあまり感じる事はありません。

でも、一歩日本を出ると英語がとても重要になってきます。例えば、公用語が出ない国に旅行しても英語を話す現地の人は沢山います。英語が話せれば、何とか話が通じる事はとても多いのではないでしょうか。

私の英語能力は、中学生くらいで止まっていますが、最近子供が英会話を習うようになりその講師が外国人が多くその中でも、日本語も話せる講師も居ましたが、全く日本語が話せない人もいまいして英語が話せれば子供の上達度合いの説明などももっと詳しく聞けるのになと思いました。
ある時には、本部からの指示で講師が子供たちに今学期で伸びた事やアドバイスを通知表の様に配るように言われたようで一人一人に配ってくれたのですが、英語が難しすぎて読むのを半分くらいで諦めました。情けないです。本部から、メールで英語が読めない方は本部で通訳しますのでご連絡くださいとありましたが、プライドが邪魔をしました。

子供が英語学習をしているのを見ているととても楽しそうにやっています。私が英語と触れ合ったのは中学生もう恥ずかしさと苦手意識が芽生えていました。でも、子供を見ているうちに私ももう一度英語の勉強をしてみようと思いました。文法は苦手なのでとりあえず素人考えで市販の英語教材を持っている人がいたので借りる事にしました。(最近使っていないようなので)

その教材は、良くCMでも流れている有名なもので聞き流すだけで英語が話せるようになるというものでした。毎日家事をしながら聞き流していました。物語になっているので結構おもしろくて日本語→英語となるので意味も分かり結構頭に入ってきました。

そして、TVの基礎英語という番組も同時に視聴するようにして最近では少しずつ英語に親しんできているような気がしています。幸い、子供の講師と毎週会えるので今度話しかけてみようと思います。