英語の面白さと大変さについて考えてみる

英語は学問として面白さがある一方で大変さもあると思います。受験勉強に使うから勉強をしなければならないという意見もありますが、英語自体が面白いので勉強をするという意見もあっても良いのではないでしょうか。

英語の構造は特殊です。それを理解できたときは大きな達成感があるでしょう。実際に渡しも英語にはかなり悩まされていました。しかしコツコツと勉強をしていたら理解が出来る日がやってきたのです。目の前の霧が晴れるような爽やかな体験でした。今後も英語を勉強していこうと思えたような素晴らしい体験だったと思います。

努力をして何かを成し遂げることは楽しいです。英語は適度に難しいことが良いですね。すぐにできてしまうようなものではありません。しかし毎日取り組んでいれば必ず理解できるようなことでもあります。

しかし、大変だと感じるような部分もありました。それは英単語の暗記です。これは理解力でどうにかなるようなものではありません。意味を覚えるために多くの時間を使ってしまいました。

私は毎日、英単語帳とリスニング用のCDを使って3ヶ月位、英単語を暗記していました。それはとても大変なことでした。寝ながらCDを聞いていたこともあります。

そうしていると色々な単語を覚えて、長文を読むときでも詰まる事がなくなってきました。読めると楽しいです。意味がわかるから楽しさもあるのだと思います。英語学習が面白くないと感じている人ももう少し続けてみてはいかがでしょうか。