外国人と英語が喋れるようになる方法

一般的に多くの日本人は少なくとも小学校高学年から英語教育が始まり中学校で3年間、高校で3年間、また人によっては大学で4年間と英語を学ぶ機会があるのにもかかわらず、ほとんどの日本人が英語で海外の人達と会話をスムーズにすることができないと思います。

今や多くの人たちが気づいているかもしれませんが、日本人がこんなに英語を勉強しているにもかかわらず会話ができないのには、日本の英語教育のやり方が間違っているからなのです。

学校で学ぶ英語は主にリーディング、ライティング、そして文法です。英語を話すことに重点をおいたスピーキングの授業や、海外の人と実際に話す時に必要な発音の授業は、ほとんどと言ってよいほどありません。

今やわたしは英語をなに不自由なく扱うことができる人間になりましたが、その為にわたしが英語の勉強に重点をおいたのは発音です。まず日本人の英語の発音は間違っているので、海外の人達とその日本語英語で話すと何も理解してもらえません。また正しい発音を身につけることにより、相手に理解してもらえることはもちろん、自分も相手が話していることを理解することができるようになります。多くの日本人が相手の英語を理解できないのには、正しい発音を知らないからなのです。正しい発音を身につける為に私がおすすめする方法は、好きな洋楽を見つけてそれを完璧にその歌手の人と同じように歌えるように練習をすることです。わたしはこの方法を何度も繰り返しやり、今ではネイティブに間違われるほど英語が綺麗に話せるようになりました。